2016年9月1日より、ペットマト・世界最小の畑・そだてる絵本は、Goodlab改め「はせがわさとう商店株式会社」の製品となりました。
HASEGAWA SATO STORE Inc.
メインイメージ

メインイメージ


サンプルイメージ1

ペットマトの「リベンジ種」送付サービス

ペットマトの説明書通りに種をまいたのに発芽しない… どうしよう…。そんな時は、Goodlabまでお気軽にお問い合わせください♪ スタッフが発芽不良や生育不良の原因をお聞きし、発芽や栽培についてのベストな方法をレクチャーさせていただきます。 もしも、お手元に種が残っていない場合は、「リベンジ種」をお贈りさせていただきます。 ペットマトが無事収穫できるまで、私たちと一緒に栽培しましょう!

サンプルイメージ2

トマトマン・ザ・ムービー予告編…!

エンターテイナー「ちょはっかい」が贈るペットマトの新作PV!!今回は前作を超えるキャスト数とカット数、 そして自作の挿入歌「君とふたりで」で無駄に映画の予告編風に仕上げました! 子供たちに夢は叶うと伝えたくて…(泣)ちなみに主演のちょはっかいは一流俳優を目指して日々奮闘中だよ♪もっと!もっと!再生回数を増やしたいっ!

サンプルイメージ小1

サンプルイメージ小2

サンプルイメージ小3

見出し大1

野菜やハーブの栽培を、ご家庭やオフィスや学校で楽しくかんたんに始められるようにと開発された野菜の栽培キット、それが「ペットマトシリーズ」です!日当たりの良い窓辺とお水があれば大丈夫!土を使わない完全水耕栽培を採用した「ペットマトシリーズ」は室内園芸に最適の栽培キットです♪野菜とハーブの種類もたくさんあるので、いろいろチャレンジしてみよう!

見出し大2

種が発芽しない原因で考えられるのは①「温度」②「生育環境」③「種子の個体差」④「ストレス」などです。 ①種子には発芽適温があります。室内温度や外気温が発芽適温であれば約5日~14日で発芽します。 ワイルドストロベリーなど小さい種子は発芽がしにくく、発芽後も芽が小さいのでわかりずらいことがあります。 また、青じそは発芽に温度が必要なため発芽しにくく、種子が劣化していなければ30日後に発芽する場合もあります。 ②真っ暗な場所や、設置が不安定な場所での栽培は避けましょう。 ③同じ品種の種子でも、ひとつひとつに個体差があるので、発芽や生育のスピードに差がでます。 なるべく元気な芽を残して育てましょう。その他ご質問はinfo@goodlab.jpまでお気軽にお問合せ下さい☆ ④発芽が待ち遠しくて、種を掘り返したりすると、種がストレスを感じてしまい、発芽しなくなることがあります。